ゼロの視点   -条件のない世界ー

       f:id:momonootukisama:20170308103815p:plain

 

 

    私に必要なものは揃っていて、成長する為に必要なものは注がれる。

 

                           わたしの言葉 天使の歌声 - 真珠の月

 

 

 

 

 

 

 

前記事で、上東さんのブログ「あなたと わたしへ。」と

私の過去の経験の繋がりをお話しました。

 

 

繋がりから届けられた

上東さんからのメッセージには

私の過去を見つめ直す気づきが

星屑のように散りばめられていて

 

 

私は

繭玉に包まれるように

安心していました。

 

 

 

 

 

日差しのような気づき・・・

 

日差しの柔らかさに身も心も弾む思い。

 

 

 

 

この思い

心の世界がね

 

 

 

無条件という世界なの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、ブログカテゴリー「闇の処方箋」を読んでくれた

みんなに、無条件の世界についてお話したいと思います。

 


カテゴリー「闇の処方箋」には

私が17歳で独立に至った経緯をお話しました。

 

 

 

 

 

 

ブログに書いていませんが

私は、友達のお母さんに初めてお会いした時

 

「あんたの身の上は、私世代には気の毒でね・・・」

 

と、涙を流して頂いた経験があります。

 

 

 

 

 

この時、私は

友達のお母さんから

母の愛を贈られました。

 

私は

私の母と縁が薄い人生です。

 

母と娘の在り方を

この世界常識、定義、設定、ルール

とされるものに照らし合わせると

私は、かわいそうな子供になると思います。

 

 

でもね・・・

 

 

あまり経験できなかった

 

母との愛情を

 

友達のお母さんから贈られて

 

プラス、マイナス、ゼロになっている

 

ということを知っていることが

 

 

ゼロの視点

 

 

なのね。

 

 

 

子供の頃

遊んでくれる友達がいなくて

日曜日に教会の日曜礼拝に通っていたけど

大人になって仲良くしてくれた友達は

お母さんに私のことを話してくれて会わせてくれた。

 

ね、プラスマイナスゼロになってるでしょ。

 

 

 

 

 

 

過酷な環境に産まれると

もし、違う人生だったら・・・

と、誰かと比較して

自分を判断してしまいがちだけど

そんな悲しいことする必要はないのよ。

 

 

 

どんな人生であっても

わたしはわたしでいいと

感謝して生きることが

 

 

 

無条件の世界。

 

 

 

自分のことを正直に話せない人も

正直に話せないわたしに

正直になって

話せる時まで待てばいいわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたもいつか

 

正直に話せる人と繋がれると

 

わたしは信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

www.youtube.com