読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動画 心の勉強

f:id:momonootukisama:20161012091514p:plain

http://www.kuroshitsuji.tv/2nd/dvdcd/

 

 

セバスチャン・ミカエリス -黒執事- 作者 枢 やな

 

 

 

 

 

 

 

私は、あくまで執事ですから。

 

 

  

 

 

 

 

dic.pixiv.net

 

 

 

真なる闇の使者は、本当のことを言わないけど嘘も言わない。

真なる光の使者は、答えを教えてくれないし与えてくれない。

 

 

光も闇も等しく平等

答を出すのは、私だから。

 

 

世の中に流れるビジョン、聞いた言葉、インターネットから得る情報は

誰かの都合であり、誰かにとって必要なことなのね。

 

 

私の目の前に

いきなり自分の都合を言いに来てくれる子もいるわ。

 

 

自分の都合を言いに来てくれる子にも

私のことを想って言いに来てくれる子と

自分のことを思って言いに来てくれる子がいるの。

 

 

どちらも、等しく平等

相手の言っていることを、受け入れるか否かは

答を出すのは、私なの。

 

 

答を出すのは、私だから

自分のことしか考えられない子が

私に対して、自分勝手な主張をしたとしても

私が、戸惑い・不安・怒りなどの負(不)の感情を生む必要はないの。

 

 

私のような霊媒体質者は、自分の感情を常に管理(監視)することが必須なのね。

状況を適切に判断し、物事を冷静に対処する経験を積みながら生きる。

 

 

なぜ、こんな生き方をしなければならないのかお話すると

私は、誰に何をされたとしても被害者になってはいけないの。

 

 

私が、被害者にならないということは

この世に、加害者を生まないということに繋がるから。

 

 

他者の意識無意識に関わらず

傷つけられ、踏みつけられ、蔑まれ、奪われてボロボロになる。

這いつくばって、みっともなくても、かっこ悪くても、自分を懸命に生きる。

 

 

この、不幸、不遇、不条理を、自分のこととして受け入れるようになった時

 

 

神への道が開かれるの。

 

 

神への道が開かれると

私以外のすべてが、私であり

すべてが神の愛で溢れているに気づき

この世に生まれるということの真なる意味を知るの。

 

 

今、人間をやっている私の真は

 

神の子であるということ。

 

少しずつ自覚できる経験を与えられ積ませていただけるの。

 

人間は、自分で経験しないと自覚できない生き物だから。

 

 

 

 

 

私のブログを読んでくれている

今、辛い人、不安な人、悲しい人達へ

 

今の苦しみは永遠ではないの。

 

自分で出来る事をすればいいのよ。

 

苦しみを感じるということは、一生懸命生きているということだから。

 

今を変えようとすれば、未来も変わる。

 

一つ変えれば一つ増える。

 

増えるのは、あなたの手の届く未来なのよ。

 

 

www.youtube.com

 

www.kasi-time.com

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする